もともと野球少年だったので、ブランド コピー 販売のスタジャンを見ると条件反射で着たくなる性分です。ただ、実際に着てみると『違うだろ』と自分でツッコミを入れることになる。小さい頃にスタジャンに憧れていた気持ちがバレる気恥ずかしさと、ノスタルジーが複雑に入り交じる心境…僕にとってスタジャンとは、着ちゃダメと思いつつも、つい着てしまう魔性のアイテムです。

例えるならそれは野球のグローブのようなもの。実際に野球をしないのに、スポーツ用品店に入ったら買いたくなってしまう。スタジャンを着たいと思ってしまうのは、子どもの時にはなかなか買ってもらえなかったけれど、大人の今なら買えるというような気持ちに似ているような気がします。少年の頃に欲しかった憧れのアイテムが、ラグジュアリーに進化して買えるところにあるっていうのが底なし沼のようでもあります。

ルイ ヴィトン コピーのスタジャンは、クラシカルなモールスキンサテンのバイカラー仕立て。カレッジ風のパッチやVワッペン、背中のシグネチャーがプレッピーな雰囲気を残す一着です。レインボーカラーのワッペンが背中にあしらわれたルイ ヴィトン スタジャン コピーは、見た瞬間に昔のヒューストン・アストロズを思い出しました。映画『がんばれ!ベアーズ特訓中』の舞台だったアストロドームで、当時のチームカラーのレインボーをあしらったユニフォームが懐かしい。とにもかくにも、スタジャンというのは、大人のノスタルジーをいたずらに刺激してしまう、超デンジャラスなアイテムということは間違いないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です