「1つ目にデザイン。2つ目に実用性。3つ目にテクノロジー」 と語る相澤陽介氏。2006年の「White Mountaineering」創立以来、デザイン、実用性、テクノロジーにこだわりをもち、東京を拠点に活動。アウトドアにインスパイアされたコレクションで知られ、生地、仕立て、テクニカルなディテールにこだわったメンズウェアコレクションを次々に発表してきた。

今回のアディダス コピーとのコレクションでも、その創作精神が貫かれている。「adidas Originals by White Mountaineering」のフルコレクション、第一弾となる「DROP1」は、ゴア・テックスやコットンとナイロンの混紡素材を用い、未来的なフォルムのアパレルアイテムが揃う。エッジーな機能性とアディダスの伝統が融合したクラシックスポーツウェアに仕上げられている。


アイテムをそれぞれ見ていくと、ウインドブレイカーなどのアウター、アディダス Tシャツコピー、スウェットパンツといった定番に至るまで、立体的な縫製と繊細なカラーリングで「White Mountaineering」らしい機能性とファッションへのアプローチが見事に表現されている。

アパレルと同様に寒色系トーンをキーカラーとしたフットウエアでは、歴代の名作から最新モデルまで、アディダスならではの幅広い展開に統一感のあるデザインアプローチを取り入れ、シンプルなカラーリングのなかにプレミアムなディテールが施されている。

アディダス 通販の名作が、相澤氏のディレクションにより、まったく新しいデザインとして誕生した本コレクション。両者の哲学が見事にミックスされた、他に類を見ないスタイルといえそうだ。

また、「DROP1」は、世界に先駆けて2月17日(水)より、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ、加えて伊勢丹新宿店メンズ館にてアディダス 偽物の店舗のみで期間限定で展開される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です