マルニ(MARNI)の2017年秋冬シーズンから、ニットウェアが登場。2017年10月中旬より、マルニの限定直営店で販売される。

 

今シーズンのニットアイテムは、並行に走る線と色彩が組み合わされたグラフィックな世界観。ゆったりとロングでエレガントなシルエットと、ブラウンやオレンジなど温かく渋みのあるカラーリングで、少しレトロなロマンチックさの漂う冬の装いが完成する。

 

横縞を配したロングドレスには、プリーツを施し優雅なシルエットに仕上げた。その上には、同じく横縞のロングカーディガンを合わせて。2種類の線が織りなす幾何学的な模様は、冬の弱くやわらかな光に美しく映える。胸元に大輪の花のモチーフを、そしてスリーブに縞模様を配したニットは、どことなくヴィンテージのような落ち着いた空気感を漂わせる。

素材には、繊細なウール、カシミア、コットンの糸を採用。肌を優しく滑るような抜群の着心地と上質感あふれる質感を実現した。幾つかのアイテムを合わせて色や柄のリズムを楽しむのはもちろん、普段の洋服もモードに仕上げてくれる。

from https://www.fashion-press.net/news/34367

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です