TAN(タン)の2017年秋冬コレクションが発表された。毎シーズン「ニット」という素材の可能性をぐいぐいと広げていくTANのウェア。今季はニットを使い、様々な柄を生み出した。

インパクトのあるヒョウ柄のペンシルスカートやポンチョ風のトップスのほか、フォーマルな雰囲気のチェック柄のコートやワイドパンツ、ストライプ柄のラップスカートなどがコレクションを横断。プリントされたかのようなそれぞれの柄は、よく見るとすべて編んだニットで作られている。そのためヒョウ柄は表面の凹凸を感じられるのが特徴だ。

そのほか特筆すべきは、冬らしいボアの質感をニットで表現したこと。ぬくもりを感じさせる、モコモコとしたボア特有のテクスチャーが表れたのは、人気のビスチェやベストなど。ブラックのラインが効いており、リラックスしたウェアながら、しっかりとモードスタイルへ導かれている。

スタイリングに目を向けると気づくのが、アームウォーマーとレッグウォーマーによる腕元・足元のボリューム。アームウォーマーはビッグシルエットのニットの上から付け足したり、コートの袖からチラつかせたりすることで、分量感のある着こなしを楽しめる。レッグウォーマーもロングスカートやワイドパンツの下に忍ばせる重ね着が提案された。

from https://www.fashion-press.net/news/31764

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です