TAN(タン)2016年秋冬コレクションより、新作ニットウェアを紹介。 TANは2015年にデビューした日本のニットブランドで、国内生産にこだわったアイテムを提案している。

ブランド名は、ラテン語で”触れる”の意味を持つ“TANgent(正接)”から名付けた。無限に正負の方向へとのびるTANgentは、ニットを1本の糸から編み成す可能性とリンクしている。

 

「ビスチェ」はそのままでも、Tシャツやシャツに重ねて着るのもおすすめ。紐を結ぶバックスタイルもセンシュアルで魅力的な一着となっている。ルックでは、アイボリーシャツと合わせた着こなしなどを披露した。

 

「ワイドパンツ」は、裾についた存在感のあるフリンジがポイント。ほどよいボヘミアンテイストが、着こなしにスパイスを加えてくれる。スニーカーでカジュアルダウン、ヒールでドレスアップ両方のスタイルがはまる万能アイテムだ。

 

大胆なスリットが中央に入った「ロングドレス」は、体に沿うきれいなラインが特徴。パンツをスリットから覗かせた、レイヤードスタイルで楽しんで。ルックでは、秋らしいバーガンディーのニットパンツと合わせたスタイリングを提案。他にも大きな結び目がインパクトのある「ツイストベスト」が登場する。

from https://www.fashion-press.net/news/25531

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です