エボニー(EBONY)の2019年秋冬コレクションから新作を紹介。

“現代民族”がコンセプト

フリンジ ハンド ニット(Fringe Hand knit)
フリンジ タイト スカート(Fringe Tight skirt)
フリンジ ハンド ニット(Fringe Hand knit)
フリンジ タイト スカート(Fringe Tight skirt)

2019年秋冬コレクションは、”現代民族”をコンセプトに、手の込んだ素材をデイリーに着用できるピースを展開。エボニーがブランド誕生時からこだわっている素材選びにより一層重きを置き、オリジナルの素材作りに力をいれた。

今シーズンの注目は、ブランド初となるニットウェア。「フリンジ ハンド ニット(Fringe Hand knit)」には、2種のインポート糸を使用。スペインメイドの温かみのある糸と、動物の毛並みを表現したフェイクファー糸を巧みに編み込み、複雑な表情に仕上げている。ボリューミーな袖とリングフリンジも目を惹く。

フリンジ タイト スカート(Fringe Tight skirt)
フリンジ タイト スカート(Fringe Tight skirt)

ニットと合わせて着用したい「フリンジ タイト スカート」は、ツイード風のダブルジャージー素材をベースに、ウールレースとフリンジをプラス。”現代民族”を思わせるモダンかつエキゾチックなムードに仕上げている。

ウール レース ドレス(Wool Lace Dress)
ウール レース ドレス(Wool Lace Dress)

子羊の毛を用いた軽くて温かいウール素材をベースに、ウールレースとフリンジを加えた「ウール レース ドレス」は、ゆったりとしたシルエットながらも、サイドベルトでウエストを絞ることができ、自分好みのスタイルで楽しむことが可能だ。

なお、ウェアの他にも、天然素材と真鍮を使った存在感溢れるアクセサリーも取り揃える予定だ。

受注会を大阪で開催

エボニー2019年秋冬コレクションの受注会が、2019年4月19日(金)から22日(月)まで、大阪のミッドウエスト オオサカにて開催される。受注会では最新コレクションをいち早く目にすることができるほか、サンプルを試着し、購入予約をすることが可能だ。

from https://www.fashion-press.net/news/47729

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です