可憐、繊細、ロマンティック等、フェミニンさの象徴として用いられることが多いレース。しかし2018年春夏コレクションでは、“可愛いだけじゃない”レースのスタイリングが続々登場。レースの魅力を活かしながらも真新しさと意外性のある着こなしを、人気ブランドのランウェイからピックアップして紹介する。

組み合わせで様々な表情を楽しむ

ネイビー×ブラックでシックに

sacai(サカイ)からは、ネイビーのレース地をランダムに重ね繋ぎ合わせたスカートに、パールを不規則に散りばめたフレンチスリーブのブラウスを組み合わせたルックが登場。バッグやシューズも含め、全身をネイビー、ブラックに統一することで、パールやレースといったピュアな要素もシックな雰囲気に。

エスニック柄ストールをプラス

ピンクのエアリーなドレスに、エスニックな柄ストールを合わせたのはバーバリー(BURBERRY)。ストールのはっきりとした色彩と、ドレスの淡い透明感が対照的なコントラストを描き、絶妙なバランス感とともに不思議な一体感を感じられる着こなしだ。

透けて見えるカラーブロック

ミュウミュウ(MIU MIU)は、レースの透け感を利用したコーディネートを提示。ブラックレースのノースリーブワンピースの下に、ブラウン、イエロー、グレーといったプレイフルなカラーブロックのトップス、ホワイトのショートパンツ、ピンクとライトブルーのソックスを合わせた。プレイフルなアイテムとレースの存在感を両立させ、上品な雰囲気にまとめている。

マニッシュコーデ

旅の連想とともに

レースの持つ幻想的な感覚を、旅情に結び付けたのはロエベ(LOEWE)。ミントグリーン、パープルが滲んでいるかのように染めたレース地のセットアップは、マニッシュでありながらもどこか浮遊感のある印象。襟やフロント部分をナチュラルなブラウンレザーで切り替えたトップスは、クラフト感に溢れた1着だ。細いベルトやホワイトのハットと組み合わせ、独自の趣や優雅さを演出する。

王道テーラードジャケットのクラシックスタイル

グッチ 2018年春夏コレクション より
グッチ 2018年春夏コレクション より

グッチ(GUCCI)は、スタイリングを構成するアイテムの1つ1つはオーセンティックなのに、組み合わせてみるとユニークな存在感が成立するルックを見せた。ホワイトレースのロングドレスに合わせたのはグレンチェックのテーラードジャケット。ウェアがクラシカルな分、チョーカー、ネックレス、サングラスでアクセントを利かせている。

from https://www.fashion-press.net/news/39228

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です